注文住宅と建売住宅の違い

注文住宅は自分たちの願いが全て詰め込めるから理想、とはいえ、迷ってしまうのが建売住宅です。注文住宅と建売住宅を比べてみると、建売住宅のほうが費用が抑えられて、住宅ローンの負担も減る…そこで迷ってしまうのではないでしょうか。

では、建売と比べて注文住宅はどこがいいのでしょう。注文住宅の場合は、土地探しから完全に自分たちで出来る、それが何よりの特徴である、メリットとなります。建売は既に決められたときに立っているので、どんな土地がいいのかを自分たちで決めることはできませんし、間取りに関しても自分たちの思うとおりにはなりません。既存の住宅に入居するだけ、となってしまいます。それがいいという人も中にはいます。自分たちで土地を探す手間が省けるし、間取りについても考えるのは大変…だったら最初から建っている家のほうが助かるのでしょう。

注文住宅か建売住宅は家を購入する人の好き好き。費用で決めるというよりかは、まずどちらが自分たちにとっては暮らしやすい家になるのか…それを考えてみて下さい。岡崎市でも家探しをするために力になってくれる不動産業者はたくさんありますから、まずは注文住宅にするか建売住宅にするか、そこから考えてみてください。